ワクチン

脚気(かっけ)の症状としては、主に両手両足がしびれたり下肢の著しい浮腫などがよく起こり、症状が進行してしまうと、最も重症の場合、心不全も齎す可能性があります。
毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、数多くの研究の成果によって、ワクチンの予防効果を予想できるのは、注射した約2週後からおよそ150日位ということが判明しました。
ばい菌やウィルスなど病気を生み出す微生物(病原体)が呼吸とともに肺に忍び入って感染してしまい、左右どちらかの肺が炎症反応を呈示した容態を「肺炎」と称しています。
BMI(体重指数)の計算式はどこの国でも同じですが、値の位置づけは国単位でそれぞれ少しずつ違い、日本肥満学会(JASSO)ではBMI22であれば標準体重とし、BMI25以上の場合だと肥満、18.5未満だと低体重と広報しています。
必須栄養を万遍なく含んだ食事や体を動かすことは無論、肉体面と精神面の健康や美容を目的として、栄養を補うために複数のサプリメントを摂取する行為が珍しくなくなったようなのです。
耳鳴りには種類があり、当事者にしか感じられないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように他の人にも性能の良いマイクロホンを使ってみると響いている点が特徴の「他覚的耳鳴り」があるそうです。
常在細菌のブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、毒素のきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と一方は毒のあまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類になっています。
鍼灸用のはりを刺してもらう、という直接的な程よい幾多の刺激は、神経細胞を活発にして、神経インパルスという名前の電気信号の化学伝達を誘発すると考えられているようです。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番症例の多い中耳炎で幼い子どもに起こりやすい病気です。耐え難い耳の痛みや38度以上の発熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などたくさんの症状が出現するのです。
音楽の公演の開催されるスペースや踊るための広場などに備えられた特大スピーカーの正面で爆音を浴び続けて耳が遠くなる症状を「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と呼んでいるのです。
スギの花粉が飛散する3月前後に、乳幼児が体温は普通なのに頻繁にくしゃみをしたり水っぱなが止まる気配をみせない状況なら、もしかしたら杉花粉症の可能性があるかもしれません。
触れ合うことで、患者がセラピーキャットをすごく愛おしいと感じることでオキトキシンというホルモンが分泌されて、ストレスの低減や精神の癒しなどに結びつくのです。
吐血と喀血、いずれも口腔から血を吐くことですが、喀血は咽頭から肺を通る気道(呼吸器のひとつ)から血が出ることで、吐血というのは十二指腸より上部にある消化管から血が出ることを指します。
男性にしかない前立腺は生育や働きにアンドロゲンがとても大きく関係しており、前立腺に発現してしまったがんも同じく、アンドロゲン(男性ホルモン)の働きによって大きくなってしまいます。
現代のオペ室には、御手洗や器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を備え、オペ中に撮影するためのX線装置を付けるか、近い所にX線のための専門室を併設しておくのが普通だ。