光量不足

薬やアルコール、化学的な食品の添加物などの物質を酵素により分解して無毒化する作用を解毒(げどく)と称しており、多機能な肝臓の果たす非常に重要な務めの一つだということは間違いありません。
うす暗い場所では光量不足によりものが見えにくくなりますが、より瞳孔が開くため、水晶体のピントを合わせるのに多くのエネルギーが消費されてしまい、結果的に日の差す場所で物を眺めるより疲れるのが早くなるといえます。
男性だけにある前立腺は成長や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンが非常に大きく関係していますが、前立腺に発現した癌も同じように、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの作用で成長してしまうのです。
大抵は骨折に至らない位のごく僅かな圧力でも、骨の同一のポイントに幾度も途切れることなく力が加わると、骨が折れることがあるので注意が必要です。
脂溶性であるV.D.は、Caが人体に吸収されるのを助けるという性質で知られていて、血中のカルシウムの濃度を操作して、筋繊維の動きを適切に操作したり、骨を作り出してくれます。
クシャミに鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・異物が入っているような感覚などの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーを誘引する花粉の飛散量の多さに沿って悪くなるという傾向があるそうです。
30〜39才までの間に更年期になるなら、医学的な用語で表すと「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という疾患のことを指します(日本では40才以下の女性が閉経してしまう症状を「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と定義します)。
ストレスが溜まっていくプロセスや、手軽で有用なストレス対策など、ストレスの初歩的な知識を保持している人は、そんなに多くはありません。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、身体のなかの脂肪が占有している度合いのことであり、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、キロ)×100」という計算式で確認できます。
車の事故や高い所からの落下など、とても大きな負荷が体にかかった場合は、複数の場所に骨折が齎されてしまったり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、酷い場合は臓器が負傷してしまうこともあり得ます。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が無効になってしまった後に販売され、新薬とまったく同じ成分で金銭的な負荷が少ない(代金が高くない)後発医薬品のことを意味します。
今時の手術室には、レストルームや専用の器械室、準備室を作り、オペ中に患者を撮影できるX線装置を置くか、近い所にその専門室を準備するのが常識だ。
流感とも呼ばれるインフルエンザに対応する予防テクニックや治療方針など、このような必須とされる措置自体は、それが季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであってもほぼ変わりません。
骨折して大量に出血してしまった時に、血圧が急降下して目眩や冷や汗、吐き気、意識消失発作などの色々な脳貧血症状が出る時もあります。
痩せたいためにカロリーを抑える、1日3食のうち1食を飛ばす、等の生活のスタイルが必要な栄養までもを不足させ、深刻な四肢の冷えを誘発していることは、何度も危惧されているのです。