基本

肝臓をいつまでも健やかにキープするには、肝臓の有害物質を分解する作用が低下しないようにする、言い換えると、肝臓を老化させない対策をおこなうことが有効でしょう。
インフルエンザ(流感)に合った予防の仕方や医師による手当など、このような基本の対策自体は、季節性のインフルエンザでも新型インフルエンザでもほとんど変わらないのです。
亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質を合成させるために働く特別な酵素や、細胞・組織の活動に関わる酵素など、約200種類以上ある酵素を構成する物質として絶対に外せないミネラル分です。
ピリドキサールは、かの有名なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれるエネルギーの代謝に必要な重要な回路に入れるために一層細分化するのをサポートする機能もあるのです。
内臓に脂肪が多く付いた肥満が診られて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2〜3項目に該当する事例を、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と呼んでいるのです。
AED(Automated External Defibrillator)は医療資格を持たない非医療従事者でも利用できる医療機器で、AEDからの音声ガイダンスに沿って対応することで、心臓の心室細動に対しての治療の効果をいかんなく発揮します。
日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを支える性質で知られており、血液中のCa濃度を調整して、筋肉の活動を適切に調節したり、骨を作ります。
酒類に含まれるアルコールを分解する作用のあるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに効果的です。苦しい二日酔いの因子とみられているエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質のクラッキングにも力を発揮しているのです。
一見すると「ストレス」は、「溜めないようにすべき」「除去しなければいけない」と捉えがちですが、本当は、人間はこうしたストレスを経験するからこそ、生き続けることに耐えられるようになっています。
基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が何もしなくても燃えてしまうエネルギー量のことであり、そのほとんどを体中の筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・脳の3種類で消費するということです。
パソコンの細かなちらつきを和らげる効果のあるレンズの付いたPC専用メガネが非常に人気を集める理由は、疲れ目の手当に多くの人が関心を寄せているからではないでしょうか。
ポリフェノールで最も有名な特性はL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロールなどとは違っていて、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、更に細胞膜でも抗酸化作用を持っています。
悪性腫瘍である卵巣がんは、普通なら身体をガンから保護する役目を担う物質を作るための金型である遺伝子の異常が原因で発生してしまうということが分かっています。
欧米においては、新しい薬の特許が満了してから約1ヶ月後、製薬市場の8割がジェネリック(後発医薬品)に替わるような医薬品もあるほど、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は地球上で浸透しているという現実があります。
エイズウイルス、つまりHIVを含んだ血液や精液のほか、女性の母乳や腟分泌液等の体液が、看病する人等の傷口や粘膜部分などに接触すれば、HIV感染の可能性が高くなってきます。