部位

陰金田虫(インキンタムシ)とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と称されている、白癬菌が陰嚢、股部、臀部などの部位に何らかの理由で感染してしまい、寄生する病気の事であり簡単に言うと水虫のことです。
大多数の人に水虫といえば足をイメージし、ことさら足の裏や指の間にできやすい病気だと思われていますが、白癬菌が感染する部位は決して足だけではなく、体のどこにでもうつるという可能性があるので注意してください。
患者数が増加しているうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りず、不眠、強い憂うつ感、強い倦怠感、食欲低下、体重減少強い焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの辛い症状が見られます。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わる特殊な酵素や、細胞・組織などの活動に欠かせない酵素など、200種類以上も存在する酵素の構成要素として外せないミネラル分です。
基礎代謝(きそたいしゃ)とは人間が何もせずにじっとしていても使ってしまうエネルギーのことを指していて、その半分以上を全身の筋肉・臓器の中で一番大きな肝臓・多量の糖質を必要とする脳が占めるということはあまり知られていません。
陰金田虫は20〜30代の男性多い傾向があり、大抵の場合は股間部にだけ広がり、走ったり、お風呂上りのように身体が温まると強烈な痒みを招きます。
脂漏性皮膚炎という病気は皮脂の分泌異常が主因で出現する湿疹で、皮脂の分泌が乱れる素因として生殖ホルモンの不均衡やナイアシンなどビタミンB群の慢性的な不足などが考えられているのです。
AED(Automated External Defibrillator)は医療従事者ではない一般の人にも利用できる医療機器で、AEDからの音声ガイダンスの手順に応じて扱うことで、心臓の心室細動に対しての応急処置の効果を実現します。
トコトリエノールの効果の中では酸化を防ぐ機能がもっとも認識されていると思いますが、その他に肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの生成を抑えたりするというようなことが言われています。
毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、今日までの膨大な研究結果によって、予防の効用が期待されるのは、ワクチンを注射した2週間後から150日間程ということが明らかになりました。
上が140以上の高血圧が長い間継続すると、全身の血管に重いダメージがかかり、身体中の色々な血管に障害が発生して、合併症を誘引する確率が大きくなります。
学校等団体行動をするに当たって、花粉症が主因でクラスの友達と同時に元気に行動ができないのは、患者本人にとっても腹の立つことです。
子どもの耳管の特性は、大人のそれと比較すると太くて短めで、且つ水平に近いため、バイ菌が侵入しやすくなっているのです。乳幼児がよく急性中耳炎を起こすのは、この作りが関係しています。
寝姿を見ることで、高齢者がセラピードッグをとても愛おしいと感じると「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスを緩和したりヒーリングなどに繋がります。
ジェネリック医薬品は新薬の特許が失われてしまった後に購入できる、まったく同一の成分で金銭的な負担を低くできる(薬代の安価な)後発医薬品のことを意味しています。